コンピューター設定

日本語設定方法 (Windows XP)

お使いのWindows XPで、日本語の表示や入力を行うための日本語設定の方法を説明します。
他のOSをお使いの場合は、こちらをクリックしてください。
Windows XP   Vista   Windows 7   Windows 8   Windows 10   Mac OS X
ステップ 1
コントロールパネルを開きます。(スクリーンの左下隅にあるWindowsボタンをクリックし、メニューからControl Panelを選びます。)
ステップ 2
コントロールパネルウインドウからRegional and Language Optionsをダブルクリックします。このように別のウインドウが開きます。
ステップ 3
Languagesタブをクリックします。
ステップ 4
Languages タブで3つの手順を踏みます。
  1. 最初にInstall files for East Asian languagesをクリックします。 (もしこの項目に既にチェックが入っている場合はステップ3に進んでください。) ここでWindows XPのCDが必要になる場合もあります。
  2. Applyをクリックします。
  3. Details...をクリックします。このように別のウインドウが開きます。
ステップ 5
新しいウインドウ(Text Services and Input Languages)で、Add...をクリックします。さらに別のウインドウが開きます。
ステップ 6
Add Input LanguageウインドウでリストからJapanese を選びます。 そしてKeyboard layout/IMEリストの中でMicrosoft IME Standard 2002 ver. 8.1が選択されていることを確認します。 OKをクリックします。
ステップ 7
Text Services and Input Languagesに戻り、以下の2つの手順を踏んでください。
  1. 下に示すように日本語のキーボードの情報が表示されていることを確認します。 Microsoft IME Standard keyboardを選択したにもかかわらず、 Microsoft Natural Input keyboardも表示される場合があることに注意してください。それでも構いません。
  2. Language Barタブをクリックします。
ステップ 8
Language Barは日本語と他の言語とのテキスト入力(タイピング)を切り替える方法です。 Language barを常にデスクトップに表示させておくこともできます(お勧めの方法)が、スクリーンの下方にあるタスクバーの中にしまっておくこともできます。 お勧めの設定方法を図で示しています。終了したら、OKをクリックします。
ステップ 9
OK をクリックしてText Services and Input Languagesウインドウを閉じます。 もう一度OK をクリックしてthe Regional and Language Optionsウインドウを閉じます。
これで設定終了です。ほとんどのアプリケーション(Nihongo-Proを含む)で日本語の入力ができます。 日本語のテキスト入力に切り替えるには以下の方法で行います。
  1. Wordなどテキストの入力ができるアプリケーションを開きます。
  2. Language BarからJapaneseを選びます。そしてLanguage barのInput ModeメニューからHiraganaを選びます。
  3. ローマ字を入力します。入力するとローマ字は自動的にひらがなに変換されます。 ひらがなには下線が引かれています。これはこれらの文字が漢字に変換できることを示しています(下記参照)。
    スペースバーを押すと、システムによる変換漢字候補が表示されます(または何を入力したかによって、ひらがなが表示される場合もあります)。
    スペースバーをもう一度押すと、変換可能なすべての漢字が表示されます。カーソルキーを上下させて、 入力した言葉に適正な漢字を選んで、エンターを押します。テキストは自動的に更新されます。