コンピューター設定

日本語設定方法 (Windows 8)

お使いのWindows 8で、日本語の表示や入力を行うための日本語設定の方法を説明します。
他のOSをお使いの場合は、こちらをクリックしてください。
Windows XP   Vista   Windows 7   Windows 8   Windows 10   Mac OS X
ステップ 1
Windows 8 デスクトップへ移動し、コントールパネルを開いてください。
ステップ 2
コントロールパネルのウインドウはさまざまな表示スタイルがあります。 カテゴリ別の表示の場合は、Add a languageをクリックして、次のステップへ進んでください。
もしくは、このような表示の場合は、Languageをクリックして、Add a languageをクリックしてください。 次のとおりです。
ステップ 3
「日本語」までスクロールダウンして、「日本語」をクリックします。 最後に、Addをクリックしてください。
ステップ 4
上記の設定では、Languageのコントロールパネルに日本語が言語選択肢として表示されます。 このウィンドウを開いたままにしておいてください。
画面の下にあるタスクバーにも、言語関係の設定が現れます(下記の画像を参照)。 日本語とその他の言語を切り替えるには、2文字の言語名(例:JP)をクリックします。 日本語が有効な間は、 あ  が表示されると、 ローマ字の入力が自動的にひらがなに変換されます。  あ の代わりに  A  が表示された場合は、 入力がダイレクトとなりますので、ローマ字の入力は変換されず英文字のままです。
ステップ 5
Language Barは日本語と他の言語とのテキスト入力(タイピング)を切り替えるもう一つの方法です。 Language Barの設定は、Advanced settingsをクリックしてください。
ステップ 6
下記に示しているように、Optionsをクリックしてください。
ステップ 7
Language Barを常にデスクトップに表示させておくこともできますが、 スクリーンの下方にあるタスクバーの中にしまっておくこともできます。
ステップ 8
Language Barができるだけ多くの場合に使えるようにするには、下記の設定を行ってください。
ステップ 9
これで設定終了です。ほとんどのアプリケーション(Nihongo-Proを含む)で日本語の入力ができます。 日本語のテキスト入力に切り替えるには以下の方法で行います。
  1. Wordなどテキストの入力ができるアプリケーションを開きます。
  2. Language BarからJapaneseを選びます。そしてLanguage barのInput ModeメニューからHiraganaを選びます。
  3. ローマ字を入力します。入力するとローマ字は自動的にひらがなに変換されます。 ひらがなには下線が引かれています。これはこれらの文字が漢字に変換できることを示しています(下記参照)。
    スペースバーを押すと、システムによる変換漢字候補が表示されます(または何を入力したかによって、ひらがなが表示される場合もあります)。
    スペースバーをもう一度押すと、変換可能なすべての漢字が表示されます。カーソルキーを上下させて、 入力した言葉に適正な漢字を選んで、エンターを押します。テキストは自動的に更新されます。