We realize ads are a pain, but ...
This free page is supported by advertising.
To view our free content, please disable your ad blocker on Nihongo-Pro.com.
AdBlockPlus (ABP)
AdBlock
uBlock

Author Topic: 「的を射る」と「的を得る」

Machiko Nakamura

  • Teacher
  • Newbie
  • *
  • Posts: 12
「的を射る」と「的を得る」
2018-06-13 21:50 (491 days ago)
8 members
数日前、テレビ番組の中で、「的を射(い)る」と「的を得(え)る」はどちらが正しいか?という内容を放送していました。
私は、正確には、「的を射る」の方が正しいだろうとは思っていましたが、「的を得る」という表現もよく聞くような気がしていたので、どちらも正しいと思っていました。
自分でも、「それは的を得た発言ですね」というように、どちらかというと「得る」の方を使っているような気がしていました。
「的を得る」という表現は、正しくない!という方も少なくないようですが、実際には、日本人の40%が「得る」を使っているそうです。
また、「的を得る」という表現は、何と250年前の書物にも載っていました。ということは、最近使われ始めたわけではありません。
「的を射る」という表現は、弓道からきた表現だと思いますが、「得る」の方も「要領を得る」のように、うまく捉える、という意味があるので、間違いとはいえません。
このような例はたくさんあり、考え始めるときりがありませんが、私たち日本語教師にとっては楽しい時間です :)

SteveC

  • Student
  • Newbie
  • *
  • Posts: 4
Re: 「的を射る」と「的を得る」
Reply No. 1: 2018-06-22 07:59 (483 days ago)
2 members
中村先生、とても面白いですね。

「的を射る」は、確かに正確な感じがしますね。でも、「的を得る」は250年前の書物にも載っているとのことで、昔から定着している言い方ですね。

もともとは「得る」だったんですか。いつか、「的なら、『得る』じゃなくて、『射る』が当てはまるぞ!」という考えが出てきて、「的を射る」が誕生したというのは可能でしょうかね?
もし、そうであれば、(あくまでも私の思いつきだけですが)、どちらが間違っているかといえば、「射る」のほうですよね!

ところで、英語ですが、英語にはこの「得るか射るか」のことに少し似ている部分があります。
island(島)という言葉がありますよね。発音は「アイランド」で、sは全く発音しませんね。英語のスペルはいつもめちゃくちゃですが、実は、もともとはこの単語は「iland」と、発音どおりのスペルなんでした。でも、17世紀になったら、意味が似ているが、語源が全然違うisleという単語の影響で、「ilandって間違っている。sが入っているべき」という(間違っている)分析が出て、ilandにsを入れて「island」にしてしまいました。その後の英語圏の子ども、英語の学習者はみんな、もう一つのおかしいスペルを覚えなければならなくなりましたね。 :'(

日本語は長~い歴史があるので、同じように、何かの混同などで単語や表現が変わったことがたくさんあるでしょうね。「とんでもありません」かな?・・・そういえば、「とんでもない」を初めて聞いたときは、「跳んでもない」と漢字をつけて、「跳ぶまでもない」(つまり、「大げさに反応することではない」)という意味かなと思っていました。本当にとんでもないですね。 :P

「的を得る」と「的を射る」、勉強になりました。ありがとうございます!

Machiko Nakamura

  • Teacher
  • Newbie
  • *
  • Posts: 12
Re: 「的を射る」と「的を得る」
Reply No. 2: 2018-06-23 12:06 (482 days ago)
1 member
Steveさんコメントありがとうございます。英語の例も紹介してくださって、ありがとうございます。

やはり、言葉というのは、変わるものなんですね。「的を射る」と「的を得る」については、「得る」が先にできた、とはっきり書かれたものは見つかりませんでした。ただ、「得る」は間違いだ、とされていたのが訂正されたようです。

前に、レッスン中に、生徒さんから「この言い方は間違いですか?」と聞かれて、「全然OKですよ!
」と答えたら、「全然、の後ろはnegativeじゃないんですか?」と驚かれたことがあります。時代で言葉の使われ方が変わるのは、おもしろいですね。

Masahiro Arai

  • Teacher
  • Newbie
  • *
  • Posts: 14
Re: 「的を射る」と「的を得る」
Reply No. 3: 2018-06-23 22:33 (481 days ago)
4 members
言葉は変わっていくと言うことについてですが、最近よく耳にするのは「すごい 美味しい」「すごい きれい」と「すごい」と言う形容詞に「美味しい」「きれい」という形容詞をつける形で昔ウィーン少年合唱団の「美しく青きドナウ」も「美しき青きドナウ」とされていたと思います。と言いながら私も「すごい」を使ったりします。「日本語ってすごい難しいですね」(笑)