We realize ads are a pain, but ...
This free page is supported by advertising.
To view our free content, please disable your ad blocker on Nihongo-Pro.com.
AdBlockPlus (ABP)
AdBlock
uBlock

Author Topic: かぞくのいちいんがまっきじょうじょうのとき

ShaunaB

  • Student
  • Newbie
  • *
  • Posts: 49
  • ShaunaB
かぞくのいちいんがまっきじょうじょうのとき
2020-10-02 09:36 (22 days ago)
4 members
私は肺移植病人です。2010年に移植は起こりました。毎日たくさんの薬を飲んでいます。薬はとても強いです。それは私の肺を保っています。でも、その薬もどくです。骨やじんぞうを殺します。私の肺や骨やじんぞうを殺しています。それを止めるために何もすることはできません。今日レッスン後で、具合についてせんせいを教えました。二人とも泣きました。悲しい瞬間でした。私は60歳で、怒らなくておびえないです。私の人生は長くて幸せなものでした。今たくさん痛みと息切れがあります。食べるの事と眠りの事は難しいです。痛みが永遠になくなったらうれしいです。その間、私はWanikani.comで漢字を学んでいます。私はレベル12にいます。私の質問:家族 の一員が末期症状のとき、日本人は何をしますか。わたしははいいしょくびょうにんです。2010ねんにいしょくはおりました。まいにちたくさんのくすりをのんでいます。くすりはとてもつよいです。それはわたしのはいをたもっています。でも、そのくすりもどくです。ほねやじんぞうをころします。わたしのはいやほねやじんぞうをころしています。それをとめるためになにもすることはできません。きょうレッスンあとで、ぐあいについてせんせいをおしえました。ふたりともなきました。かなしいしゅんかんでした。わたしは60さいで、おこらなくておびえないです。わたしのじんせいはながくてしあわせなものでした。いまたくさんいたみといくぎれがあります。たべるのこととねむりのことはむずかしいです。いたみがえいえんになくなったらうれしいです。そのあいだ、わたしはWanikani.comでかんじをまなんでいます。レベル12にいます。わたしのしつもん:かぞくのいちいんがまっきじょうじょうのとき、にほんじんはなにをしますか。

Aki Ogihara

  • Teacher
  • Newbie
  • *
  • Posts: 26
Re: かぞくのいちいんがまっきじょうじょうのとき
Reply No. 1: 2020-10-02 11:51 (22 days ago)
4 members
今日のレッスンは、本当に本当に悲しかったです。まだ泣くのは早い、と わかっていましたが、しばらく泣いて、次のレッスンのさいしょも 泣いてしまいました。そのくらいショックでした。私はこの3年ちょっとの間、楽しいレッスンが できているでしょうか。反省(はんせい)することが たくさん あると思います。シャーナさんは具合(ぐあい)がいいときも、悪いときも 日本語の 勉強に とても 熱心で (passion)、私は そんなシャーナさんを そんけいしています。いろいろなことに たいする ちしき(knowledge)のふかさ、ピアノもひけて 作曲(さっきょく)も できて、キルトもできる、いつも おどろくことばかりです。来週も具合がよかったら、お会いしましょうね!私は11年前に母をなくしました。母が末期(まっき= stage4)の癌(がん=cancer)だと わかったのが9月、なくなったのは10月でした。早すぎて、かぞくは だれも、そのスピードに ついていけませんでした。妹といっしょに ホスピスを さがしました。でも、さがしている間に なくなりました。母が 入院中(にゅういんちゅう)に、もっと話したかったけれど、癌が骨(ほね)に あって、かのじょは とても いたくて、モルヒネ(morphine)を うっていましたから、話もできませんでした。今、あのとき  何ができたか、ときどき かんがえますが、もしかのじょの いたみが コントロールできたら、家に つれてかえって、たくさん 話して かぞくの時間を すごしたかったです。そして、母が「私は しあわせだった」と 思える時間を あげたかったです。でも、妹も 私も あの1ヶ月は 本当によくがんばったと思います。そして 妹には とても かんしゃしています。そんな 私たちを 見て、きっと母は しあわせだったと 思ってくれているでしょう。シャーナさんの しつもんの こたえですが、私だったら、病気(びょうき)の 人が したいことを かなえてあげたいです。

Miki Yamamoto

  • Teacher
  • Newbie
  • *
  • Posts: 13
Re: かぞくのいちいんがまっきじょうじょうのとき
Reply No. 2: 2020-10-02 14:29 (22 days ago)
6 members
Shaunaさん、Shaunaさんは 心(こころ)がとても強(つよ)い人(ひと)ですね。尊敬(そんけい)します。日本(にほん)では、55%くらいの人が「病院(びょういん)じゃなくて 家(うち)で死にたい」 と思(おも)っています。でも、80%の人が病院で なくなっています。たくさんの日本人(にほんじん)は宗教(しゅうきょう)を持(も)ちませんから、病気(びょうき)の末期(まっき)でも あまり いのらないと思います。  私(わたし)も オギハラさんと同(おな)じ考(かんが)えです。病気の人が いちばんしたいことを してあげたいです。私は東京(とうきょう)に すんでいます。今(いま)、窓(まど)を開(あ)けたり 外(そと)に出(で)たりすると、「金木犀 きんもくせい(fragrant olive)」の かおり がします。とても いい かおりで だいすきです。オレンジ色(いろ)の 小(ちい)さくて かわいい 花(はな)が あります。私の母(はは)が なくなったとき、この 金木犀の きせつでした。金木犀の かおり を かぐと、母を たくさん 思い出(だ)します。この 金木犀の かおりが、Shaunaさんのいる ワシントン州に とどけばいいのに、、、と思います。

Namiko Ohno

  • Teacher
  • Newbie
  • *
  • Posts: 9
Re: かぞくのいちいんがまっきじょうじょうのとき
Reply No. 3: 2020-10-02 21:08 (21 days ago)
4 members
シャウナさんの話を読んで、わたしも涙(なみだ)がでました。病気(びょうき)でも新しいことにチャレンジするシャウナさんを尊敬します。毎日できる限(かぎ)り楽しいことをしてください。そして家族と一緒(いっしょ)に笑(わら)ってください。わたしの母は癌(がん)でなくなりました。まだわたしは子供だったのでよくわかりませんでした。でも、もっと一緒にいたいと思いました。ですから、家族で一緒にいるのが一番いいと思います。「私の人生は長くて幸せなものでした。」というシャウナさんの言葉は家族にとっても同じだと思います。Wanikani.comで漢字を学んで、またここでシャウナさんの優(やさ)しくて強(つよ)いメッセージを見せてくださいね。

ShaunaB

  • Student
  • Newbie
  • *
  • Posts: 49
  • ShaunaB
Re: かぞくのいちいんがまっきじょうじょうのとき
Reply No. 4: 2020-10-03 09:57 (21 days ago)
4 members
山本先生、ありがとうございました。祖母が亡くなったとき、ナゲキバトは私のしんしつのまどのそとのきで歌いました。ナゲキバトが歌うのを聞くと、祖母のことを思い出します。金木犀もアメリカにうえます。ここには osmanthus [ozMANthus] だといいます。私はそれを嗅いだことはありませんが、私はそれのような低木の匂いを嗅ぎました。ライラック、レンギョウ、ジャスミン。香りが素敵です。庭には3つのライラックがあります。とてもだいすきです。

ShaunaB

  • Student
  • Newbie
  • *
  • Posts: 49
  • ShaunaB
Re: かぞくのいちいんがまっきじょうじょうのとき
Reply No. 5: 2020-10-16 08:02 (8 days ago)
3 members
大野先生、返事をありがとうございました。私は病気になったのであなたのメッセージに答えませんでした。申し訳ありません。涙を流してくれてありがとう。お母さんが亡くなってごめんなさい。それはいつも難しいです。私はあなたの励ましと良いアドバイスに感謝します。Watashi wa byōki ni nattanode anata no messēji ni kotaemasendeshita. Mōshiwake arimasen. Namida o nagashite kurete arigatō. Okāsan ga nakunatte gomen'nasai. Sore wa itsumo muzukashīdesu. Watashi wa anata no hagemashi to yoi adobaisu ni kansha shimasu.